本州建設の建物はALCパネルを採用


ALCとは「Autoclaved Lightweight aerated Concrete」 の略で「軽量気泡コンクリート」のことをいいます。本州建設では、外壁材に「ALCパネル」を採用しています。

耐火・耐久・断熱性などに慣れたALCコンクリートを
外壁に採用。安心で快適な住まいを実現します。

 

コンクリートの約10倍の断熱性があり、夏の暑さや冬の寒さを室内に伝えません。だから夏は涼しく、冬は暖かな快適住環境を実現します。

 

ALCパネルは、軽量のわりには音を伝えにくい性質をもっています。
聞きたくない音も聞かれたくない音も伝えにくく、都市居住おけるプライバシーをしっかりと守ります。

 

ALCは地震に強い建築物をつくります。その第一の理由は、普通コンクリートの約1/4という軽さです。ALCは建物の軽量化に貢献し、地震の影響を受けにくくします。

 

 

地域密着だからできるサポート体制


本州建設では建物の建築から仲介、管理までトータルサポートしています。
建築から仲介、管理までの一元対応施工、また建築後の管理を行うことで、ご入居頂く建物、お部屋までしっかりと把握しスムーズな対応が可能です。

地域密着

当社では建物管理、ご入居者様サポートの視点から本社(天白)と4支店(名東、港、守山、東海)を構えており、ご入居者様のお困りごとや建物トラブルなどにも迅速に対応できる体制を整えております。

 

おかげさまで創立41周年

40年を超えて培った経験、ノウハウでご入居者様により安心して快適な住環境をお届けします。